即日お金借りたい時のおすすめはカードローン

明日の朝までに必要なお金を用意したいという時は圧倒的に即日カードローンのサービスがおすすめです。

 

できれば今すぐにお金を工面したいと思うことも多いでしょう。思い当たる人に借金を申込んでもダメだった場合、またそのアテもないということならば、急いでキャッシングの申込みをしてみてはいかがでしょうか。

 

銀行や消費者金融の人気のカードローンでは、早い時間に申込みすれば今日に申込みしてコンビニのATMからでも即日でお金を借りることが可能になっています。(コンビニATMとは→フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』コンビニATM

 

またインターネット申込みなら「24時間申込み可能」という対応になっているため、「お金を借りたい!」と思った時、今すぐ申込みをすることができるのです。

人気のカードローンの特徴

 

 

(出典:YouTube「人気のカードローンとは?キャッシングガイド」

こちらのページでは、銀行と消費者金融の即日借入れも可能なおすすめのカードローンを紹介しています。

 

カードローンの特徴

即日キャッシングしたい時、最もおすすめしたいのがカードローンというサービスです。そんなカードローンの特徴は以下のようになっています。

 

カードローンの特徴

カードローンとは?

使いみちが自由なローンです。申込時に利用限度額を決め、いつでもATM等からカードで借りることが可能です。

借入期間 借入期間は1年〜3年ですが、所定の時期がきて再審査をクリアーすれば、最終取引可能年齢までは契約が更新されて借り続けることが可能です。
金利 借入金融機関との取引内容に応じて、金利が優遇されるサービスもあります。
返済方法 毎月一定額が指定預金口座から引落とされる方法と、都合のよい金額をATMや窓口で随時に返済する方法があります。1回払いか、リボルビング払い(分割払い)のいずれかの方法により、指定の口座から引落とされます。
取扱金融機関 銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA、JF、信販会社など。
借入手続き

(1)年齢が20歳以上で、先行き70歳で返済が終わること、(2)毎月安定収入があること、(3)所定保証会社の保証が受けられることを条件とする金融機関が多いようです。申込時には、運転免許証など本人であることを証明する書類、源泉徴収票など年収を証明する書類などが通常必要になります。

借入限度 無担保の場合は50万円以下が一般的。年収や取引条件などによって、利用限度額がさらに大きくなることもあります。

(引用:金融広報中央委員会「知るぽると」カードローン

 

楽天銀行カードローンは専業主婦にも便利

【参考:お金の借り方を考えるプロジェクト「楽天銀行カードローン・スーパーローンの審査情報!」

 

 

楽天銀行カードローン「楽天銀行スーパーローン」は、専業主婦も50万円まで借入れ可能、申込みは専用ページからとなっているため、家計のやりくりにも安心して利用できます。

 

また楽天銀行スーパーローンは、学生にも人気のあるカードローンであり、楽天銀行口座を持っている人が便利に利用できるため、多くの学生からも支持を集めているようです。

 

そして2012年からパートやアルバイトの受付が開始されているため、もちろんパートの主婦でもお金を借りることは可能です。

 

即日振込みも可能な銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、審査時間が通常2〜3日が一般的である銀行カードローンとは違い、審査の早さでは定評があります。

 

夜中にネット申込みしたら審査回答は翌日のお昼頃に来たという場合や、もっと早い例では朝のうちに申込みしたら昼過ぎに審査の連絡が来たということもあるようですね。

 

ただし楽天銀行カードローンで即日振込みを希望するなら、平日の12時までに審査が完了している必要があるので注意してくださいね。

 

収入証明書は200万円まで不要だから即日振込みにも有利

楽天銀行カードローンなら200万円までの申込みならば原則として収入証明書の提出は不要になっています。主婦や学生はもちろん、急にお金が必要になった場合にも「本人確認書類」を提出するだけでOKです。

 

具体的には、運転免許証や健康保険証・パスポートなどの提出だけで済むので、即日振込みしてもらうために申込みを素早く完了させる必要がある時にも便利ですよね。

 

楽天銀行カードローンの詳細を紹介

楽天銀行カードローン「楽天銀行スーパーローン」の利用条件についての詳細な内容は以下の通りです。

楽天銀行カードローンの利用条件

  • 利用可能額:500万円
  • 金利(実質年率):4.9%〜14.5%(遅延損害金:年19.9%)
  • 利用の対象:満20歳以上60歳以下で毎月安定収入がある人、または専業主婦の人
  • 保証会社の保証を受けられることが必要(保証会社:楽天カード・セディナ)

 

みずほ銀行カードローンは高限度額・低金利が魅力

【参考:みずほ銀行のカードローンでの即日融資の流れとは?

 

【参考:ファイグー「みずほ銀行カードローン徹底検証。全8項目の比較で分った長所短所」

 

みずほ銀行カードローンは、日本のメガバンクの1つであるみずほ銀行のサービスですが、限度額が最も高く、金利が低いということでも有名です。

 

みずほ銀行カードローンには「キャッシュカード兼用型」、「カードローン専用型」の2種類のカードが存在していることや、他のカードローンとは少し違うシステムになっていることから、それがメリットに感じる人がいれば反対にデメリットとなってしまう人もいるでしょう。

 

以下でみずほ銀行カードローンの内容について説明していきます。

 

みずほ銀行カードローンのメリットは高額借入れが可能なこと

みずほ銀行カードローンは最高限度額が1,000万円であり、業界ではジャパンネット銀行と並んで最高額となっていて、これはメリットの1つと言えます。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外となっているため(参考サイト:金融庁HP「貸金業法Q&A」、年収の3分の1までしかお金を借りれないルールに縛られることもありません。多くのお金を借りることが可能になっているので、収入に自信のある人は高額借入れを希望してみると良いかも知れませんね。

 

また金利は2つのプランにより違っています。

みずほ銀行カードローンの2つのプラン

  1. コンフォートプラン
  2. エグゼクティブプラン

上記の内、どちらのプランを利用できるかは審査によって決まります。コンフォートプランはエグゼクティブプランよりも金利が高めになっていますが、 それでもその他の銀行カードローンの平均金利よりも低めになっています。

 

みずほ銀行カードローンのメリットは他にもある

みずほ銀行カードローンのメリットには、限度額が高い・低金利というだけでなく他にもまだあります。

 

専業主婦も借入れが可能になっていることもメリットの1つと言えるでしょう。ただし、みずほ銀行の場合は限度額が30万円までとなっているので、50万円が限度額となっている楽天銀行カードローンや三菱UFJ銀行のバンクイックなどよりも少ない金額となります。

 

それでも都市銀行で借りる安心感を得ることができるため、選択する価値はあると言えるでしょうね。

 

みずほ銀行カードローンのデメリット、即日融資には口座が必要

みずほ銀行カードローンにはメリットが多い反面デメリットもあります。即日融資を希望するなら、みずほ銀行の普通預金口座が必要ということは大きくマイナスとなる点です。

 

もっとも、みずほ銀行口座を持っている人ならば、このデメリットはメリットに変わりますよね。あらかじめみずほ銀行口座とキャッシュカードを持っている人ならば、「Web完結申込」でキャッシングの審査に通った後で、手持ちのカードをキャッシュカード兼用型としてカードローンでも利用できるようになるからです。

 

みずほ銀行カードローンで即日融資を希望する場合には、みずほ銀行口座を持っている人が最も有利となるのです。口座がない場合には、専用カードが郵送されてくるまでお金を借りることができません。

 

その他のみずほ銀行カードローンのデメリットとは?

みずほ銀行カードローンのデメリットは口座がないと即日融資で不利になるということだけではないのです。

 

銀行カードローンならば通常はATM手数料が無料になっていることが多いですが、みずほ銀行では108円あるいは216円のATM手数料が必要です。手数料が気になるという場合は、他の銀行を選んだ方がいいでしょうね。

 

みずほ銀行カードローンでは振込みキャッシングに対応していないため、来店以外ではATMを利用する借り方しかありません。返済方法についても口座引落に限られているため、他の返し方が選択できないことも不便と言えるところですね。

 

みずほ銀行カードローンの詳細を紹介

みずほ銀行カードローンの詳細な内容は以下の通りです。

みずほ銀行カードローンの利用条件

  • 利用可能額:1,000円
  • 金利(実質年率):@コンフォートプラン:3.5%〜14.0%
  • 金利(実質年率):Aエグゼクティブプラン:3.0%〜7.0%
  • 遅延損害金:年19.9%
  • 利用の対象:満20歳以上66歳未満で毎月安定収入がある人、または専業主婦の人
  • 保証会社の保証を受けられることが必要(保証会社:オリエントコーポレーション)

 

SMBCモビットはWEB完結申込が可能

【参考:ファイグー「モビット徹底検証。9項目を他社と比べて判明したモビットの長所短所」

 

 

銀行では即日融資に対応している場合がありますが、実は消費者金融の方が即日融資については定評があるんです。

 

たとえば消費者金融のSMBCモビットでは、審査時間が最短30分となっていて即日融資も可能です。(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

 

「WEB完結申込」であれば「来店不要」・「電話連絡なし」・「郵便物の送付なし」・「カード発行なし」で申込みから振込み融資までネットで完了することが可能になっています。

 

審査結果は電話でなくメールで通知してくれますし、職場への在籍確認も電話でなく書類を提出することで完了することも可能です。この辺は徹底されているので、職場はもちろん自分の携帯電話にさえも電話をかけて来て欲しくないという方には非常に便利な申込方法と言えますよね。

 

WEB完結申込を利用するには条件が2つある

WEB完結申込の利用には条件があり、以下の2点を満たしていることが必要です。

WEB完結申込に必要な2つの条件

  1. 三井住友銀行あるいは三菱UFJ銀行の口座がある
  2. 所定の書類の提出ができる(以下の表を参照)

WEB完結申込のための2つ目の条件である所定の書類の提出では、以下の3種類の書類を用意する必要があります。

 

SMBCモビットのWEB完結申込に必要な3種類の書類

必要な書類の種類 具体的な必要書類
1.本人確認のための書類の写し(いずれか1点) 運転免許証
パスポート
2.現在の収入を証明できる書類の写し(いずれか1点) 源泉徴収票
税額通知書
所得証明書
確定申告書
給与明細書(直近2か月分・可能な場合1年分の賞与明細書)
3.勤務先を証明できる書類の写し(場合により2点) 社会保険証あるいは組合保険証
給与明細書(直近1か月分、収入証明書類で給与明細書以外を提出する場合には必須となります。)

WEB完結申込の条件である2項目をクリアできない場合、通常の申込み方法である「カード申込」を選ぶことになります。その場合には、カードが発行され契約書類の郵送や職場への電話連絡も来ることになるのです。

 

ローン申込機を利用すれば土日のカード即日発行も可能

SMBCモビットで即日融資を受ける場合には、振込み融資以外にもローン申込機から専用カードを即日発行し、ATMから即日借入れするという方法もあります。

 

カードの即日発行は、平日だけでなく土日や祝日でも朝9時から夜の9時まで可能です。

 

提携ATMの利用は手数料がかかる

即日借入れや土日の利用も可能なSMBCモビットですが、三井住友銀行以外の提携ATMの利用には108円か216円の手数料がかかります。その点ではデメリットと言えるでしょう。

 

銀行では手数料が無料になるケースが多いので不便と感じる場合もあるかも知れません。それでもローン契約機を利用することで土日の利用も可能になるサービスは銀行では少ないので、貴重なサービスと言えますね。

 

消費者金融は専業主婦の借入れNG

SMBCモビットはもちろんですが、大手の消費者金融やほとんどの中堅消費者金融では、専業主婦の借入がNGとなっています。総量規制という法律の影響を受ける消費者金融では収入のない主婦の借入れの取扱いはしていないのが現状です。

 

また消費者金融で借りるなら年収の1/3以下が限度額となり、既に限度額まで借りている場合、これ以上は消費者金融からの借入れはできないので要注意です。

 

SMBCモビットの詳細を紹介

SMBCモビットの詳細な内容は以下の通りです。

SMBCモビットの利用条件

  • 利用可能額:1万円〜800万円
  • 金利(実質年率):3.0%〜18.0%
  • 遅延損害金(実質年率):年20.0%
  • 利用の対象:満20歳以上69歳以下で毎月安定収入がある人

 

即日融資でおすすめは他にもある

即日でお金を借りたい時、銀行や消費者金融のサービスを利用すれば可能になるのです。即日融資でおすすめの金融機関は、ここまで紹介してきた他にも以下のような金融機関があります。

その他の即日融資でおすすめのカードローン

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • レイクALSA
  • ちばぎんカードローン
  • 横浜銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン

銀行と消費者金融の違いは、消費者金融の方が審査が早く借入れまでの時間が短くなる可能性が高いということです。SMBCモビットはもちろんですが、同じくスピードがあるということで大手のプロミスなども人気の消費者金融となっています。

 

地方銀行やネット銀行でも即日融資可能な所が多いですが、消費者金融に比べると即日での対応に不安が残るかも知れません。どうしても今日中にお金借りる必要があるのであれば、大手のキャッシングサービスに申込みする方が無難と言えるでしょう。