カードローンの返済に遅れるとどうなる?

カードローンでせっかく便利に即日でお金を借りることができても、返済に遅れたのではカードローンを有意義に利用しているとは言えませんね。

 

カードローンの返済に遅れる理由は、

  • ウッカリ返済日を忘れてしまった
  • 返済するお金がなくて滞納してしまった

ということの内、どちらかになると思います。
それでもどんな理由であっても借入先の金融機関では「返済に遅れた」ということには変わりありませんよね。

 

次からは返済に遅れると、どのようなことになるのか。
また返済に遅れた場合はどうしたら良いのか、銀行と消費者金融それぞれについて説明していきますね。
【参考:銀行カードローン徹底調査

 

銀行カードローンの返済が遅れた場合、まずは郵便物が届く

銀行カードローンの返済が遅れると、まず郵便で振込用紙や振込先が記載されたハガキが届きます。いわゆる「督促」という種類の郵便物となりますが、そこに記載されている期日までに返済することが必要になります。

 

ただし返済に遅れると一定の利率の「遅延損害金」が発生し、利息に上乗せして支払うべきお金が増えることになるので、その点でも返済の遅れには注意しましょうね。

 

それでも返済の遅れが続く場合、電話が掛かる

銀行カードローンでは1度の返済の遅れだけでは書面での督促となりますが、何回も返済の遅れが続く場合には電話による督促に切替えられます。

 

この段階となると、遅れている返済が済むまではカードローンの利用ができなくなることが多いです。

 

延滞が何度も続く、督促後も返済なしの場合はカード利用停止

1回や2回の返済の遅れならば、督促があった時にすぐに返済すれば特に問題とはなりません。

 

それでも何度も返済の遅れをくりかえし、督促があっても返済しない場合には、最終手段としてカードが利用停止となることもあるんです。

 

3回以上の返済の遅れは信用情報にキズがつくことも

返済の遅れは1度や2度までは借入先に返済が遅れていることを通知されるまでに留まりますが、3回以上の返済の遅れは個人信用情報機関に「ブラック」として登録されてしまう可能性が高まりますので、十分な注意が必要となります。

 

消費者金融カードローンの返済遅れは電話の督促が基本

消費者金融のカードローンで返済が遅れると、返済日の翌日には電話が来ると思った方がいいです。また書面で督促が届く場合もあります。

 

もちろんヤミ金のような脅迫まがいの督促ではなく、優しく丁寧な口調や言葉で話すので、必要以上に緊張する必要もありません。

 

それでも今後の入金予定日も一緒に聞かれることが多いため、直近の日にちを指定する必要もあり、ウッカリ返済を忘れたのなら問題ありませんが、返済するお金がない場合にはその場ですぐには答えられないこともあるでしょう。

 

その場合にはなるべく近い日にちを答えておき、親や親戚・友人等に借りるしかないかも知れませんね。
【参考:初めての消費者金融

 

返済の遅れの影響は銀行と同じ

消費者金融のカードローンについても銀行カードローンと同様に返済が1回遅れただけでは特に影響はありません。

 

ただし、1回の返済遅れでも遅延損害金は発生します。通常の金利よりも高い利率が設定されている上に、利息に加算されるため通常よりも多くのお金が必要になってしまうんです。

 

そして何度も返済に遅れることでやはりブラックとなってしまう可能性が高いです。
一度ブラックとなると少なくても5年間は信用情報として残るため、その間は他のローンの審査に通りにくくなってしまいます。

 

返済に遅れてしまった!そんな時のどうしたらイイの?

ウッカリ返済日を忘れてしまった、そういうこともありますよね。そんな時にするべきことは、

  • 返済の遅れに気付いた時点ですぐに電話をかける
  • 返済可能な日にちを伝える

ということです。

 

借入先から督促がくる前に、気付いた時点でこちらからすぐに電話をかけることが大事となるんです。そして返済予定日をきちんと伝えておけば、督促の電話や郵便物がくる心配はなくなります。

 

返せるお金がない!どうしたらイイ?

返済に遅れた理由が返済できるお金がないためであった場合、正直に借入先に電話をして相談してみると良いでしょう。

 

こちらが返済する意思があることが分れば、約定返済額を変更してくれるなど、返済計画について相談に乗ってくれる場合もあるようです。

 

ココで注意したいのは、返済できるお金がないからと言って、督促の電話に出ないということです。たび重なる返済の遅れに加えてこのような行動に出ることで、更に借入先の心象を悪くしてしまうことになります。

 

もちろん信用情報にもキズをつける可能性もあることから、返済日を守ることは基本という概念を持つことが大切と言えるでしょう。