主婦でも即日借りれるカードローンを利用できる?

銀行や消費者金融、そして信販会社にはカードローンという商品があって、専用カードがあれば利用限度額の範囲内で何度でも自由に借入れや返済ができるようになっています。

 

金融機関で借金することって、感覚的に男性のためのサービスのように思っている女性もいるかも知れません。ですが、どんな金融機関にも男性専用のカードローンなんて無いので、男女とも平等に利用できるようになっています。

 

実際に今は女性の利用者も意外と多くなっていますし、主婦であっても一定の条件を満たすことができれば、即日借りれるカードローンの利用が可能です。

 

例えば、消費者金融やクレジットカード会社など貸金業者からお金を借りる人の男女比は、以下の図のようになっています。

貸金業者でお金を借りる人の内、女性の割合は約32%となっていて、これは男性の約2分の1に相当します。消費者金融は昔、サラリーマン金融(サラ金)とも呼ばれていましたが、今では女性のためのキャッシングサービスでもあるのです。

 

年齢別では男女共に40歳〜49歳で最も多くなっていて、女性であれば主婦の方も多く、家計をやりくりしながら子どもの塾の費用を捻出するためにキャッシングするなどということもあるのでしょう。

 

主婦が即日借入れできるカードローンは収入の有無により異なる

カードローンは女性も多く利用していますが、主婦の場合には収入の有無によって即日借入れできる金融機関が違ってくるのです。

主婦の借入れは収入の有無により異なる

  1. 収入のある主婦:銀行・消費者金融・信販会社のカードローン利用が可能
  2. 無収入の専業主婦:銀行カードローン・一部の街金で利用が可能

主婦には収入が0円の専業主婦正社員やパートの仕事を持っている主婦の2つのタイプがありますね。具体的に主婦自身の収入状況によってキャッシングの方法がどう変わっていくのか以下で解説していきます。

 

収入のある主婦が即日借りられるカードローン

収入のある主婦ならば、基本的にどんな金融機関のカードローンでも即日借入れ可能です。銀行や消費者金融、信販会社が取扱っているカードローンの全てで融資対象となることができるのです。

 

特にプロミスやアコムなどの大手消費者金融は銀行よりも審査時間が短く、借入れもスムーズになるケースが多いです。給料日まで足りないお金を借りる時にも即日借入れも可能なので便利ですよ。

 

収入有なら大手の女性専用が便利

自分自身に安定した収入がある主婦であれば、通常のカードローンに加えて大手消費者金融で用意されているレディースカードローン(女性専用カードローン)がメリットが多く便利です。

女性専用カードローンのメリットは何かと言えば、このようなことです。

  • 女性のスタッフが対応
  • 女性専用のフリーコールが利用できるので通話料無料
  • 初回の利用で無利息サービスの利用が可能
  • 審査が早く即日融資も期待できる

女性専用のフリーコールであれば女性スタッフしか電話に出ないことが分かっているので、通話料無料ということもあり電話をかけやすくなります。同性にしか話せないお金の悩みもあることでしょう。

 

初回限定の無利息サービスがあることも共通点となっています。大手ならではの迅速な審査で即日融資も期待できます。

 

収入有の主婦が借りれる大手のレディースカードローンは次の通りです。

金融機関名

(商品名)

利用限度額・金利(年)

無利息期間

プロミス

(レディースキャッシング)

最大500万円・4.5%〜17.8%

初回30日間無利息※1

アコム

(働く女性のカードローン)

最大800万円・3.0%〜18.0%

初回30日間金利0円※2

アイフル

(SuLaLi)

最大10万円・18.0%

初回30日間利息0円

レイクALSA

(働く女性のカードローン)

最大500万円・4.5%〜18.0%

初回無利息(30日・180日)

※1:メールアドレスの登録とWEB明細書の利用が条件
※2:35日ごとの返済方法を選択することが条件

 

無収入の専業主婦が即日借りられるカードローン

主婦でも収入があれば多くの金融機関から即日お金を借りられる可能性がありますが、働いていない無収入の専業主婦だと利用できるカードローンの範囲がだいぶ狭くなってしまうのです。

専業主婦が即日借入可能なカードローン

  • 銀行カードローン
  • 一部の中堅消費者金融

働いてなくて自分自身に収入のない主婦が即日借りられるカードローンは、銀行カードローンと一部の中小規模の消費者金融のみとなってしまいます。

 

専業主婦がお金を借りにくい理由は、平成22年に完全施行された「総量規制」にあります。

 

銀行カードローンならば銀行法参考サイト:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』銀行法で営業を行っているため、総量規制の影響を受けません。

 

一方、消費者金融などの貸金業社でお金を借りる場合には年収の3分の1までが限度となるため、大手の消費者金融では収入が0円の専業主婦の利用を不可としているのです。

 

一部の中堅消費者金融では大手のキャッシングサービスとの差別化を図るため、総量規制の例外貸付(配偶者貸付)として専業主婦に融資している所もあります。(詳細は以下を参考にしてください。)

配偶者貸付の説明(金融庁への相談事例)

 

 

【相談事例】

 

専業主婦は収入がないため、借入れが出来なくなるのですか。


 

 

【金融庁】

 

収入の無い専業主婦については、配偶者の年収・借入残高と合わせて考えた場合、当該配偶者の同意を前提に、年収の3分の1まで借入れを行うことができます。なお、当該同意が真正なものであるか否かについては、各貸金業者において、慎重な判断が求められることになると考えられます。また、最終的に貸付を行うか否かは貸金業者の判断に委ねられること等の点についてご留意下さい。
借入れを検討される場合には、ご自身の返済能力を慎重に検討し、無理のないご利用をお願いします。


 

(引用:金融庁HP「貸金等に関する相談事例等及びアドバイス等・7. 総量規制に関する相談等」

 

専業主婦も即日OKの街金とは?

大手では無理でも中小規模の「街金」とも呼ばれる消費者金融ならば、以下のような会社で専業主婦も即日融資が可能になっているのです。

専業主婦もOKな街金

  • キャッシングエニー:最大100万円(年率15.0%〜20.0%)
  • ベルーナノーティス:最大300万円(年率14.0%〜18.0%)
  • ユニーファイナンス:最大300万円(年率12.00%〜17.95%)
  • ビアイジ:最大200万円(年率12.0%〜18.0%)

上記の街金でカードローンが利用できるのは、ベルーナノーティスのみとなります。中堅消費者金融ではありますが14日間無利息サービスの利用も可能です。

 

無利息期間の利用は初回だけでなく、3か月以上の間隔が開いていれば何度でも14日間利息0円となるようです。

 

ただし、どの消費者金融であっても専業主婦の利用には旦那さんの同意と所定の書類の用意が必要です。

 

用意する書類は旦那さんの同意書の他に婚姻関係を証明する書類など、ある程度の枚数となります。書類の準備が面倒なことや、旦那さんに内緒でお金借りれないことを考えると、専業主婦の場合には銀行カードローンの方が便利かも知れませんね。