消費者金融のカードローンで即日借入れするメリット・デメリット

消費者金融のカードローンは銀行カードローンとは全く別のサービスとなっています。

 

消費者金融では貸金業法を、銀行カードローンでは銀行法を基にお金を貸しているため、借りれる金額や利用できる人が違ってくるのです。

 

お金を借りる以上は、どんな金融機関であってもメリットがあればデメリットもしっかりと存在しています。それでもどうしても即日でお金を借りたいのであれば、やはり消費者金融は最も便利なサービスと言えるでしょう。

 

デメリットはあるものの、それを上回るメリットもあるので、そのことを踏まえた上で消費者金融を上手に便利に利用していきたいものです。
【参考:消費者金融のメリットとデメリット

 

消費者金融のカードローンでお金を借りるメリット

消費者金融のカードローンのメリットは、何と言っても「審査の早さ」です。大手では最短30分とホームページで明記していることが多く、とにかく即日でお金を借りたいならば、銀行よりも消費者金融の方がスピードの面で優れています。

 

消費者金融のカードローンを利用するメリットは、対応が早いということ以外にいくつもあるのです。

消費者金融の「早さ」以外のメリット

  • 銀行よりも気軽に申込みできる
  • 審査は厳しいながらも銀行より柔軟である
  • Web完結で申込みできるサービスもある
  • 大手の中には一定期間無利息で借りれるところもある
  • 銀行と関連しているサービスが多いので安心
  • 自動契約機の利用でカードの即日発行も可能

イメージとして銀行より消費者金融の方が敷居が高くないと感じる人は多いでしょう。大手のキャッシングサービスの場合、審査が甘いということは決してありませんが、銀行より柔軟な基準が設けられています。

 

来店不要・WEB完結で申込みが完了するのは、消費者金融の方が多いです。無利息サービスのあるカードローンも同様となっていますし、自動契約機からカードを即日発行できるというメリットもあります。

 

大手であれば銀行と関連しているサービスも多いため、安心ですよね。

 

スマホアプリの利用でWebの申込みは更に便利に!

大手の消費者金融ではインターネットで申込みする人のために、スマートフォンの専用アプリを提供しています。

 

スマホアプリの機能については、それぞれのキャッシングサービスにより多少の違いがありますが、申込みや借入れ、返済、残高照会など基本的な手続きが簡単になるという点では共通しています。

 

なかにはスマホATMとしてカードレスでの借入れも可能な所もあり、セブン銀行ATMとの連携で大手消費者金融のカードローンはますます便利になっているのです。

 

消費者金融のカードローンにはデメリットもある

消費者金融のカードローン利用では特に大手でメリットが多いですが、デメリットも確かにあるのです。

 

カードローンを消費者金融で利用するデメリットは、具体的に以下のようなことが挙げられます。

消費者金融のカードローンのデメリット

  • お金を借りることで利息が必要になる
  • 銀行カードローンより金利が高め
  • 昔の良くないイメージが今も残っている人もいる
  • 銀行でお金借りるよりも「借金している」という感覚がある

お金を借りれば当然ですが利息が発生しますし、消費者金融の金利は銀行よりも高めになっています。消費者金融はかつて「サラ金」とも呼ばれ、「サラ金地獄」という言葉もマスコミによって生まれました。 現在では消費者金融という呼び名が一般的となっていますが、それでも昔の良くないイメージが今も残っている人もいるでしょう。

 

銀行の場合にはカードローンだけでなく、住宅ローンや教育ローンなど他のローンも多数存在しています。銀行カードローンを利用しても借金しているという自覚があまりない人もいるのではないでしょうか。

 

対して、消費者金融を利用する場合には、借金しているという意識が高くなるため、申込みをためらってしまう人もいるでしょう。もっとも、このことに関しては借り過ぎの抑制にも繋がることから、メリットとも言えるかも知れません。

 

お金の借りやすさはデメリットにもなる?多重債務に注意!

大手では厳しくなっている審査ですが、中小規模の街金の中には審査が甘い業者もあります。審査が通りやすい金融会社で借入れを繰返すことで多重債務となってしまうこともあります。

 

多重債務となってしまった場合、新たに生まれる可能性のある問題が2つあるのです。

多重債務で新たに生まれる問題2つ

  1. 自己破産などの債務整理をする結果となる可能性
  2. 借金返済のために闇金でお金を借りてしまう可能性

多重債務となってしまった場合、返済に困り最終的には自己破産などの債務整理を選択する事態となる可能性もあります。債務整理を行うと、その後5年間は新たにローンが組めないと思っていた方がいいです。

 

借金返済で困った場合、思い余って闇金にまで手を出してしまう可能性だってあります。消費者金融と言っても大手からヤミ金まで、その内容は大きく異なっていて、安全性や安心感もまるで違うものです。

 

はじめて消費者金融のカードローンでお金を借りるなら、CMでも有名な大手が人気でありおすすめですが、知名度の低い消費者金融であっても正規の登録業者であれば安心してお金を借りられます。

 

闇金の場合は無登録業者であり、コミックやドラマ・映画で人気の「闇金ウシジマくん」のように法律を無視してお金を貸しているのです。

 

金利や取立て方法などは独自の基準で決めているため、トイチ(10日で1割の利息)、トゴ(10日で5割の利息)、ヒサン(1日に3割の利息)などの高金利であったり、職場まで取り立てに押し掛けるような目に遭う恐れがあるため、このような業者には極力近づかないことが賢明ですよ。

ドラマで見る闇金の実態

(出典:YouTube【ウシジマくん】ウシジマの買い物

 

収多重債務になったら相談を!

万が一、多重債務者となってしまった場合には、以下の機関に相談することをおすすめします。
問題や目的 相談できる場所
債務整理・借金問題の相談 日本司法支援センター「法テラス」(公式HP)
日本弁護士連合会(公式HP)
日本司法書士会連合会(公式HP)
日本貸金業協会(公式HP)
日本クレジットカウンセリング協会(公式HP)
全国銀行協会(公式HP)
ヤミ金の通報・相談 警察庁(公式HP)
国民生活センター(公式HP)
日本弁護士連合会(公式HP)
日本司法書士会連合会(公式HP)
登録貸金業者に関する苦情・相談 日本貸金業協会(公式HP)
国民生活センター(公式HP)
その他の法律相談 日本司法支援センター「法テラス」(公式HP)
日本弁護士連合会(公式HP)
日本司法書士会連合会(公式HP)

(引用:金融庁「多重債務についての相談窓口」

 

消費者金融でお金借りる前に家計の見直しを

どうしても生活費などが不足してしまう場合には、最終手段として消費者金融からカードローンでお金を借りるしかないかも知れません。ただし、お金を借りたら返済しなければなりませんし、借入元金と一緒に利息も支払う必要が生じます。

 

有意義にカードローンで借入れするには、まずその前に家計の見直しをしてみることもおすすめです。やりくり次第ではキャッシングしなくても何とかなる場合だってあるでしょう。

 

日本貸金業協会の公式サイトには、家計の見直しとして家計やりくりをチェックできるページがあります。3分程度で1か月の平均的な収入と支出を「家計バランスシート」に入力し、改善点を考えていくことができるようになっているので、試してみるといいですよ。(参考:日本貸金業協会「家計やりくりチェック」